eri koo Blog

健やかに祝福を eri koo - エリ・クゥ のBlogです

明日は部分日食と旧正月 - 人生は波乗りだ!の話

本日、旧正月前夜の大晦日
冬至を経て、節分と立春を越して、ようやく新たな一年が始まります。

自分の誕生日、西暦、旧暦、いろんな暦、自分だけの大事な日。
どこに、一年の始まりを持ってくるか、人それぞれの自由。
それを心の内に抱きながらも、西暦のお正月に「おめでとう」と返すのもコミュニケーションの妙味。

新たな一年はどのようなコトがやってくるのでしょう。
どのような自分で在るのでしょう。

わたしはいつも、人生をサーフィンに例えます。
(サーフィンしたことないしする予定もないのに、心の内に何故かサーファーがいるのです)

いろんな波がくる。
大きな波、小さな波、荒い波、美しい形の波。
自分の力量で乗れる、乗れない、乗りたい、乗りたくない、瞬時に判断する。
例えそれが失敗しても、死ななければ、また、挑める。
挑んだから、失敗したから、自分にはまだ乗れない波だった、良い波ではなかった、と知る。
同じ波に乗るのでも、人によって乗り方もその姿も全然違う。

そして、凪もある。
ただ、静かに、ポイントを合わせながら、待つ。
ポカンと。
または、いろんな事を考えながら。

どんな波がやってくるかは、大自然のもの。人はコントロールはできない。
それでも、選べる。
乗りたい波があるような場所に行く事も自由だし、
乗りたい波にいつでも乗れるように練習し鍛えることもできる。
及ばないこともある。
及ぶこともある。

その行程そのものが、すべてがFUNだ。

こんな波にこんな風に乗りたいなぁと思い描くのも、そのために自分の身体を変化させていくのも、そうして海に入り、その波に乗ることも(うまく乗れないことも)。

大自然があり、それと向き合う。
それと向き合う自分と、向き合う。
失敗を通じて。
成功を通して。
ただポカンと波に浮かぶ、そんな時間と共に。

どんな波に出会いたい?
どんな波に乗りたい?
そのためにどうする?

いつもいつも問いかける、自分の内側に。
その答えは瞬間瞬間で変化する。

そして問いかければ問いかけるほど、自分の深部を覆う扉がどんどん開いて崩れ去る。
それらは、かつて自分の深部にある本当の自分を守るために作られた。
時には親から、時には教師から、時には目に見えない社会的圧力から、自分自身を守るために。
それらは必要がなくなっても、作られたことにさえ気付かずに放置されてしまう。
かつて守ってくれたそれは、役割を終えると本当の自分を覆ってしまい、本当の声を聴こえなくしている。

例えば。
女の子らしくかわいいスカートを履いていたら

「色気付いちゃって!男を誘惑しようとでも思ってるの?」

と言われたデリケートなあなたは、かわいいスカートを履くことが男を誘ってるように見られることを恐れ、スカートをさけるようになってしまう、とか。
(大抵そんなことを他人に言う人は同じように抑圧されたり、恋愛に対しておかしなコンプレックスがある人です)

でも、もうそんな心ないコトを言う人はココにいない、あなたはあなた自身の喜びのために、かわいいスカートを履いていい。

「あなた(わたし)はどんな波に乗りたいのだろう?」
「たぶんソレだと思う・・・なんか違う気もするけれど・・・(なんかもやもやするけどよくわからない・・・)」

そして波に乗ろうとした瞬間「あれ?違う!コレじゃない!」とあなたは感じるかもしれない。
もしくは乗った後に。

でも、そうやって「違う」に気づいていく。
「違う」モノやコトをどんどん捨てて、本当の自分が求めていることに近づいていく。
かつて作られた扉を開けて葬って、本当の自分の声を聴けるようにしていく。

「なんか違う」

に理由はない。
理路整然とした答えはない。
(理路整然と答えれる人もいる)
社会的におかしいかもしれない、論理的でないかもしれない、損する行為かもしれない。

でも、信じる。
損したっていい、社会でも他人でもない、他でもない自分が出した答えを。
本当の自分が出した答えは、間違えたって損したって、決して後悔はしない。

そしてその損は、長い目でみると本当の損ではないことがわかる。

さて、どんな一年になりますかね。

どんな一年であっても、自分の本当の声を聴けていれば大丈夫。
そして、心身ともに健全であること。

日本や世界の、地球や宇宙の、今までの常識がどんどん覆されていく時代。
(まぁいつだって人間の常識なんて覆され続けているわけだけれど)

みなさまの新たな一年が、自然で健やかなものであることを感じながら。
あけましておめでとうございます!
(少々のフライングはお気になさらず)

f:id:kuhmai:20180624112921j:image

ひとりの時間ありますか?

---

eri koo(エリ・クゥ)
【Website】
https://kuhmai.tumblr.com
Instagram
https://www.instagram.com/eri.koo.dance/