Eri Koo Blog

健やかに祝福を

なんかヤなのは自分の内側

何をしたわけでもなく、ただ「わたし」であるというだけで嫌われることがあります。逆に。その人が何をしてきたわけでもないのに「なんかヤだ」と思うこともあるわけで。お互いさまのよくあること。 それをそのままに、忘れてしまうことだって出来るけど。同…

YouTube配信【Eri Koo RadioTV Vol.8】ゲスト:Tae(心理士・帰国子女)

ラジオ TV番組【Eri Koo RadioTV Vol.8】ゲスト:Taeさん7/11にLive配信されたものが、YouTubeにて公開されました。いつでもどこでもご視聴いただけます 今回より、インタビュー形式ではなくトークショーの色合いを濃くしました。テーマを掘り下げ、専門家と…

一神教と多神教とアニミズムと

誰に押し付けるでもない、広めるでもない。けど、自分の中の確信としてある宗教のようなもの。イデオロギーだったり、アイデンティティだと思ってるもの。それは、仏教と神道とアニミズム、さらにはヒンドゥー教から影響された多神教、これまで読んできた本…

風が吹く場所

山でも海でも川でも。神社でもお寺でも、商業施設でも駅でも。家でも。 なんかいいな、と思う場所は風の通りがとてもよい。 よき風が吹く場所に、住んだり建物を建てたらいいのじゃないかなと思う。風が吹き抜けるような設計で。 風水でも何でも「気」の良い…

7/11【Eri Koo RadioTV】ゲストは帰国子女・心理士のTaeさん

毎月第2土曜日はラジオTVのお時間…とは言え、三ヶ月もお休みしていました。コロナと自己都合(退社理由かよ)が理由です。 梅雨まっさかり!久々の【Eri Koo RadioTV】2020年7月のゲストはTaeさんです! Taeさんは同じ放送局であるブラッカンラジオでのパー…

傘もささずに僕たちは

パラパラと降る雨を肌にうけて、見上げると白に近い灰色の空から無数の粒が向かってくる。傘をささずに雨をうけるのは気持ちがいい。 傘をさして、雨のない小さな空間を作り出し、頭上にバタバタを鳴り響く雨音を聞くのも楽しい。 公園の小さな東屋で。豪雨…

遠くに行く理由

旅から帰るとセミが鳴き始めていた。 旅先では朝から一日中、いろんな鳥のさえずり。雨の音。風の音。木がゆれて葉っぱが奏でるうねりのような和音。 いま、ここ。自分の家では、外から蝉の音とともに車やバイクの排気音。遠くからのクラスション。雨がにじ…

昔の気持ち

気がつけば、とうに。 人目を気にしたり、世間体を大事にしたり、一般的な生き方を良しとしたり。 結婚もしないでどうするのか。子ども産んでないと後悔するよ。老後はどうするつもり。 そんな考え方をする人達は、すっかり周囲から消え失せたというのに。 …

生馬の目をぬく

タイミングの妙を感じています。 晴れ間を縫うように行動することも、建物から出た途端どっさり雨が降ることも。 生馬の目を抜くように変化し続けることは。 肩の力を抜いて、腰を落として、呼吸を整えてリラックスした状態。 受けて防いで攻めていくこと。 …

スイスイスーであること

スイスイと何かがうまくいくとき、全てのタイミングがピタリと合う時ときというのは。 それは感覚や勘を100%信用して動いてる時。 例えばそうやって動いた5分先に失敗したとしても、何故か気持ちはさっぱりとしていて。その後、1年後にその失敗が活きたりし…

嵐の中で

しとしと降る雨音と、小鳥のさえずりが新緑をふるわせて 遠くに見える海と 浮かぶように待つ小さな島 時おり止む雨が ぽっかりとした空白を作る 雨に囲まれ 小さな部屋に閉じ込められて ひとときの静寂 階下で人の声がする そろそろそこに加わろう 読んでい…

死にまつわる

知り合いが若くして亡くなった時。 たまたま風邪をひいて。なかなか治らないので病院に行って。検査したら癌が見つかって。そこから数ヶ月、あっという間に亡くなってしまった。 若いと癌の進行が早く、打つ手がなかったのだと聞く。 いともあっけなく。 二…

世界の中心はたくさんある

小学生の頃。ふと、授業中に握りしめていた鉛筆に意識が向いて。 この鉛筆って木で出来てる。 なら、木を切った人がいて、それを運んだ人がいて。それを加工した人がいて、この表面につやつやと塗られた塗料を作った人がいて。その塗料の原料を採取して運ん…

マンディ(水浴び)のススメ

こんにちは!最高に蒸し暑い!大阪からお送りします。ここ数年の、梅雨のごあいさつ定番スモールトーク(社交辞令的雑談)。 「湿度100%てどーゆーうことやねん」「水の中やん」「息できてへんやん」「そらしんどいわ、イライラして当たり前やわ」 日本の梅…

梅雨の養生、すごし方2 - 冷やさんとこう!

梅雨の養生、前回からの続きです。 その三、隙間風にご用心 とにかく熱い。だから扇風機とかエアコンの送風とか、なんなら冷房も入れちゃっています。その風にご注意くだされ、ということ。冷えちゃうんですね。冷えると余計にだるくて重くなります。だから…

梅雨の養生、すごし方1 - 汗をかこう!

雨、湿気、暑さ。むしむしむし………ハッ!うっかり放置してた食べものがもうアカンくなってる!洗濯物が臭い。着てるものがしっとりして、皮膚にまとわりつく。床を裸足で歩くとぺたぺたぺたと気持ち悪い感触。 梅雨ってホント、なんとも人をイラつかせるのが…

毎日16時間、あるいは18時間の断食2

16~18時間断食のススメ。前回からの続きです。 もう一つのポイント、それは。 「夜9時以降は物を食べないこと。できれば水も飲まないこと。」 これが睡眠の質をぐっと上げます。断食が難しいのであれば、食べる時間をちょっとゆるめてあげて、コレだけを徹…

毎日16時間、あるいは18時間の断食1

こんにちは!元気ですか! じゃんじゃか雨が降ったと思ったら晴天だし、また布団いるやん?ってくらい急に寒くなるし。数日前からはハイハイ梅雨でしたよね、ってくらい湿気がすごくて寝苦しいし。睡眠の質も低下中で、だいたい絶好調だと6時間くらい寝れば…

不思議な話5 - 欧州のお化け事情

怪談みたいなお話シリーズ、今日でラストです。怖くないしオチもないので、夏の夜の恐怖話と読むにはご期待に添えません。 某年、スペインの某所。そこは古い古い街。迫害されてきたユダヤ人が住み、かつ幾度もの戦争があった場所。そんな場所に、ヨーロッパ…

不思議な話4 - 壇ノ浦にて

引き続き、怪談みたいな話です。 20年ほど前の話。 わたしは友人の結婚式のため、山口県下関市の壇ノ浦に来ていました。なんの予備知識もなく来ていたので、昼間ぶらぶらとしたときに赤間神宮を通りがかってお参りしてようやく、あぁそう言えばここは平家が…

不思議な話3 - 叔父のこと

前々回から引き続き、怪談みたいな話です。怖くないしオチもないので、夏の夜の恐怖話と読むにはご期待に添えません。 まだわたしが大学生だった頃、叔父が入水自殺をしました。かわいがってもらっていたし、ややこしすぎる親戚陣の中で唯一くらいの明るく楽…

不思議な話2 - 靖国と南の島と旧日本軍

ちょっと右翼思想にかぶれていた時期があったという話を前回しました。その続きです。 そんな時、友だちとアジア圏の南の島へ遊びに行くことになりました。突然決まって、突然行きました。現地では楽しく過ごし、何ごともありませんでした。 日本に帰ってき…

不思議な話1 - 右翼思想と近代史と自尊心と

ご神仏を感じることはあっても、人の霊、幽霊、怪奇現象なんかには縁がなくて。わたしが小学生だった当時は心霊写真が大流行してまして、その手の本を授業中に回し読み、テレビを付ければ心霊特集が組まれてるような時代でした。ホラー漫画も小説も映画も大…

万物はつながっている

今日は日食でしたね。見れましたか?分厚い雲に覆われてたので、逆に見えるかと思ったんですけど全然でした。 夏至でもありました。一年で一番昼が長い日。陽極まって陰に転じる日。日本で夏至の日に日食が見られるのは372年ぶり、次に見られるのは2802年だ…

自分が無くなる話

昔、不思議な体験をしました。 「空舞(くぅまい)ってなんなんですか?」 友人が問いました。 「空舞っていうのは、自分の身体が筒みたいになって、そこをエネルギーみたいなものが通り抜けていく。その様子を見せたいだけ。」 と、わたしは答えようとしま…

幸福度の爆上げ方法

煽り記事みたいなタイトルになってしまいました。似たようなことを手を変え品を変え書いてる気がしますが、今日も今日とてしあわせになっちゃう方法について記していきたいと思います。 コロナ禍の真っ最中、やたらと「毎日しあわせだな~」って感じてること…

習慣化の鍵 - 三日坊主のススメ

人生前半戦がなかなかしんどくて。なんとかしたいと色々試していたら、結果、健康オタクになっていました。 健康のためなら死んでもいい。 あながち嘘ではないところがミソ。ご長寿になりたくて健康に取り組んでるわけではないんです。不老不死を願ってるわ…

わかってほしいより、これよくない?

昔々、まだこのはてなBlogじゃなかった頃。自分のダンスとか整体&マッサージセッションだとかのためのBlogを書いてたころ。友人に言われたんです。 「わたしはエリがBlogに書くみたいに『自分をわかってほしい』ってのがないんだ~」 と。ほぉ?わたし、自…

人生詰んでも毎日しあわせ5

毎日しあわせ状態を作るには「食べる」「寝る」「運動する」を整えるのが大事と言ったのが前回まで。 「食べる」話の続きです。 コンビニ弁当とかお惣菜とかチンしたりお湯をかけたらすぐ食べれるもの(とにかく添加物てんこ盛りの食べもの)じゃなく、家で…

人生詰んでも毎日しあわせ4

もしあなたのお悩みが「人間関係」「お金」「健康」の三すくみ状態であるならば、「健康」から手を付けるのが早い・効率的・無駄がない!ですよ。って話をしてきました。 例えば。うちの家系は本当にややこしくて。遺産のことで裁判沙汰を抱えてたり(20年以…

--- オリジナル小説発売中 ---

りゅうとむすめ

りゅうとむすめ

  • 作者:Eri Koo
  • 発売日: 2020/04/04
  • メディア: Kindle版